【若さを取り戻そう】アンチエイジング治療の特徴を紹介

心身の老化抑制対策

カウンセリング

機能低下防止策の勧め

老化スピードを止められなくてもできるだけ遅らすことができれば歳を取っても機能低下を抑制できて、心身の若々しさを長く保ち続けられると考えられています。本来の老化防止対策はこの心身の機能低下を少しでも遅らせようとする対策のことを指すはずだといわれています。この心身の機能低下を抑制することで心身の健康面や美容、整形面に良い効果を得ることができるので、老化現象の現れてくる高齢者やいつまでもみずみずしい健康美を追い求める女性の間でこうした対策がアンチエイジングケアと呼ばれて注目され、老若男女が様々な対策を実行しています。また、老化現象は身体のあらゆる箇所に起こる現象ですから、様々な学問分野の関係者がその現象の解明と抑制対策に取り組んでいます。老化を引き起こす原因物質として遺伝子やホルモン、あるいは、活性酸素や多量の紫外線等が挙げられているものの、現状ではまだ、老化のメカニズムが十分に解明されているわけでありません。しかしながら、我々の身体は徐々に老化しているので、学者や研究者の取り組みを待っているわけにはいきません。そこで、高齢者のアンチエイジング対策としては規則正しい日常生活を送りながら暴飲、暴食を避けて、バランスの取れた食事や適度な運動と十分な睡眠を励行し、ストレスを溜めずに穏やかに日常生活を送ることが勧められ、その効果が検証されています。多くの老若男女が取り組んでいるアンチエイジング策の効果を見つめると現状では、60歳前後ですっかり心身ともに老化する人がいる一方で80歳を超えてなお、かくしゃくとしている高齢者がいるわけです。一方、艶があり、若さあふれていた年代の頃の肌を保ち続けたい意識の強い女性が歳と共に肌から弾力性が失われて、表面にはシミ、そばかすやしわ、たるみ等が生じてくるのを何とか食い止めたいと願って美容、整形対策に熱心ですがこの対策もアンチエイジング策の一つとして取り組まれていますが、個人差の出る理由が解明されるに至っていません。但し、男女の区分なく、加齢と共に筋肉量の減少することが分かっていますが、筋肉量が少なくなってくると次第に激しい運動や動作を続けられなくなり、若さあふれる年齢の時のつやつやした全身の衰えの表面化してくることが言えそうです。この筋肉量の減少を防ぐには運動の繰り返しの効果的であることが分かっています。但し、アスリートたちが激しい運動に励んでいる目的はアンチエイジング対策ではなく、スポーツ競技で勝利を得ることや記録への挑戦の方が主要目的になっているはずなので、高齢者はマイペースで淡々と運動することがアンチエイジング策となるはずです。

Back to Top